犬の夜鳴き・無駄吠えに防音犬小屋&ケージ!レンタルと購入で徹底比較

犬が吠える

犬の夜鳴きや無駄吠えでストレスを感じていたら、防音犬小屋・防音ケージが便利です。

鳴き声を完全に消すことはできませんが、飼い主の睡眠を邪魔することなく、ご近所迷惑になることへの心配もなくなりますよ。

ここでは防音犬小屋・防音ケージを、レンタルと購入で徹底比較!メリット&デメリットを分かりやすくご紹介しています。

防音犬小屋&ケージを価格で比較、レンタルなら3,980円~

悩んでる画像

レンタルできる防音犬小屋・ケージ

レンタルできる防音ケージなら「レンタくん」、サイズはSとLの2種類が用意されてます。

【Sサイズ/月額3,980円】

約7kg前後の犬を対象に作られてますが、犬種・体格によっては狭く感じるかもしれません。

外寸:幅890×奥行600×高さ655(mm)

内寸:幅655×奥行522×高さ510(mm)

※幅には換気扇も含みます

※ドアは手前に開くタイプなので、奥行きは約1mほど余裕をもって設置する必要があります。

※重量は約35~40kg程度(個体差あり)

【Lサイズ/月額4,980円】

約25kg前後の犬を想定していますが、体格によっては狭く感じるかもしれませんので、実寸を確認してください。

外寸:幅1,223×奥行718×高さ769(mm)

内寸:幅1,012×奥行642×高さ628(mm)

※幅には換気扇も含みます

※ドアは横スライド式のため、設置には横幅1m以上余裕をもってください

※重量は約55~60kg程度(個体差あり)

(防音犬小屋レンタくん・HPより)

購入タイプ

購入できる防音犬小屋・ケージは2タイプ

【カワイ音響システム】

【楽天市場】防音犬小屋ワンだぁールームKAWAI PVU-030F

外寸:743×582×787mm

内寸:631×470×500mm

価格:142,000円(税込)

送料:無料(キャンペーン中につき)

※楽天カードで決済すると、楽天スーパーポイントで5%分還元されます

(カワイの公式サイトでは標準価格150,000円・抜抜+送料8,000円)

【Kハウス】


防音ケージカバー5

外寸:1,020x710x740

内寸:920×630×680

開口からサイズ:920×615

価格:202,400(税込み)

送料:無料

※他にも公式サイトには、防音ケージカバー4(天井収納タイプ)・人も入れる介護用防音ハウス1・オーダーメイドできる防音ケージがあります。

ご覧になりたい方はこちら

▼▼▼

犬小屋製作工房K・HP

仕様や機能性を徹底比較!どっちが使いやすい?

犬の無駄吠えや老犬の夜鳴きに悩んでる人は多いはず、ですが防音できる犬小屋・ケージは少ないですね。

では次に、それぞれの仕様と機能性を比較してみました。

「防音犬小屋レンタくん」の場合

【安全性を第一に考えて】

木材の接着剤や塗装には、ホルムアルデヒド等級のマークF品を使用。

塗料には万が一ペットがかじっても安全なように、食品衛生法・食品添加物など規格基準に適応した、無鉛でシックハウスに関わるトルエン・キシレンを配合しない、エフフォースター認定の塗料を採用しています。

【換気扇はロスナイ採用】

排気と吸気を一台でこなす非熱交換式換気扇ロスナイをセット。

これによってケージ内の温度と湿度を、室内に合わせることができます。

ただし構造上、ゲージ内では1~2℃程温度が上昇するので長時間、小屋に入りっぱなしにならないよう、特に夏場は数時間おきに様子を見ながら、扉を開けて換気してあげてください。

ケージはそれなりの重量となるため、移動させることができるようキャスターが標準装備されてます。

前輪2つにはロックがついてるので、キャスターを使わない時はロックをかけて使用してください。

【防音効果】

犬種や犬の音程にもよりますが、小型犬なら20~30dB程度、中~大型犬でも10~20dB程度になります。

感覚としてはこもったような音になる程度で、音は聞こえてきます。

例えば「木造一軒家の壁を挟んだ隣の部屋で吠えてる」といった感覚で、ご近所にはそれ以上響くということはありません。

【組み立て式です】

犬小屋に必要な材料と組み立てに必要な道具、組み立て説明書がセットで用意されてます。

組み立て自体は簡単ですが、材料が重いため作業は二人以上で行ってください。

もしわからない点があれば、メーカーに問い合わせることも可能です。

また商品到着時の梱包資材は返却時にも使うため、捨てずに保管する必要があります。

「ワンだぁルーム」の場合

【愛犬の鳴き声を30~55dB軽減】

愛犬の鳴き声を遮断するため「独立二重構造」を採用し、95dBの音量を65dBまでに。

これは人の話し声程度の大きさです。

建物自体でも防音されるので、屋外・ご近所には約40dBまで軽減されます。

【室内の換気システム】

夏の利用でも防音室内の温度上昇を抑える、独自の「換気システム」を採用。

室内の空気を効率よく換気して、愛犬も気流を感じて快適に過ごすことができます。

【ニオイ・汚れ対策】

室内は安全性の高い、酸化チタンでコーティング。

これによって、紫外線・太陽光で光媒体作用が働き、壁などに付着したニオイや雑菌が分解され清潔な状態に。

また硬化化粧板を使用しているので、汚れても簡単に水拭き可能。

取り外しができるキャスター付きなので、移動も楽にできます。

【使用上の注意点】

室内で使用し、気温に応じてエアコンやクーラーを使用してください。

長時間、防音扉を閉めたままにせずトイレタイムなどを設け、いつでも新鮮な水が飲める状態にしてあげてください。

「防音ケージカバー5」の場合

【防音効果】

防音効果はヒトの話し声より低い、48dBまで抑えることができます。

【基本仕様】

開口幅半分のアクリル板を外すと、中にはさらにアクリル板の引き違い扉。

それを右に寄せれば犬の出入りも自由にでき、扉は持ち上げると簡単に外せて全開に。

なので、高さ610mmまでのケージなら、そのまま出し入れすることもでき、老犬の介護もしやすくなってます。

【換気システム】

三菱製のロスナイを採用

【オプションとして】

寝たきりの子を乗せたまま引き出せる引き出し床板や、ストッパー付きのキャスターなどをつけることも可能です。

詳しくは「犬小屋製作工房K」のHPをご覧ください。

ワンだぁルーム・犬小屋製作工房K・防音犬小屋レンタくんを口コミで比較

ここではタイプの違う防音犬小屋・ケージの口コミを集めてみました。

KAWAI・ワンだぁルームの口コミ

口コミ①

我が家の老犬は玄関のチャイムや宅急便が来ると吠えてましたが、最近では早朝に寝ぼけて吠えるようになったので購入。

玄関に誰かが来た時に入れるだけでも、飼い主のストレスが減ります。

愛犬は中に入ると外の音が聞こえないことや、窓が1つしかないのが不安のようです。

なのでこの部屋に入れるのは数分のみ、それでも遠くで吠えてるくらいの音量になり、ご近所迷惑を長年、気にしていたので防音室があるだけで気持ちが楽になりました。

口コミ②

分離不安で激しく吠えるトイプードルがいるため、いつご近所から苦情が来るかと心配だったので、思い切って購入しました。

同じ部屋にいるとハッキリ聞こえますが、かなり音量は抑えられてます。

いつもトイプーが吠えると、つられて吠えてた先住犬も気にせず、過ごせるようになって助かってます。

口コミ③

分譲マンションで留守中、鳴き声がうるさいと苦情があったので購入しました。

ワンコの様子もいい感じです。

使い始めて1週間、すぐに慣れて中が暗く静かなせいか、以前より落ち着いて眠れるようです。

なので寝ている時間が以前よりながくなって、吠える時間も短くなり、室内に換気もついてるので安心、買って良かったと思います。

ただ、うちのワンコはダックスですが少し狭いように感じます。

犬小屋製作工房Kの口コミ

口コミ①

問題なく、説明書通りに組み立てることができました。

実際に犬を入れてみると、ほとんど吠える声が気にならなくなり、長年無駄吠えに悩んでいたのでこのゲージに出会えてよかったです。

これから少しずつ、犬に慣らせて使っていこうと思います。

口コミ②

何より防音効果が凄いことに驚きました。ゲージも使っていたものが余裕で入り、扉からの出し入れも可能で掃除も楽にできます。

前面が透明のアクリル板で、圧迫感がありません。

とても臆病で、ちょっとした物音にも反応して吠える我が家の愛犬にピッタリ。静かで落ち着くのか、設置して1日で自分から入るようになりました。

口コミ③

犬の鳴き声がかなり抑えられ助かっています。

組み立ても簡単で、作りもしっかりしています。その分重量があるため、キャスターがついてるのは正解ですね。

一点、今使ってるゲージでは防音小屋が完成してからでは、中に入れられないため、組み立て途中で設置するというアクシデントがありましたが。

防音犬小屋レンタくんの口コミはまさかの!

レンタくんに関する口コミは見つけることができませんでした。

なので、代わりと言ってはなんですが、公式サイトの「防音性能テスト」の動画をご覧ください。

(音が出ます)

レンタルと購入、どちらを選ぶ?それぞれのメリットとデメリットを考える

ここまで、防音犬小屋・ケージを価格・仕様・口コミで比較してきましたが、最後にメリットとデメリットをまとめてみました。

防音犬小屋を購入した場合

【ワンだぁルーム】

KAWAIさんの商品はコンパクトで、色も部屋とマッチしたデザイン性が高く評価できると思います。

何と言っても「音響システム」の会社ですから、防音性は優秀。

ただ扉が小さいため、自力で動けない老犬には不向きかなと思います。

どちらかと言うと、無駄吠えが気になる小型犬、マンション・アパートなどの集合住宅で元気に吠える子向けに良いと思います。

【犬小屋製作工房K】

こちらの犬小屋はオーダーメイドもできるので、飼い主さんの要望に応えられる優秀なケージカバーと言えます。

子犬や留守中の無駄吠え対策や、「老犬になっても今まで通りの環境で過ごさせたい」を叶えてくれる商品だと思います。

老犬介護のために、引き出し式の床が設置できるのも嬉しい点ですね。

ただし、オーダーメイドですので注文から手元に届くまで数日必要になり、お値段もなかなかですが、何日待っても欲しくなる逸品だと思います。

購入品に関してはどちらも、防音という点では優秀です。

ただ1つのデメリット、「必要なくなったらどうするか?」

例えばメルカリやヤフオクを見ると、出品してる方もおられますので、「使用済み」が気にならない人に、買ってもらえる可能性は大いにあります。

商品が重いだけに、「ジモティー」って手段もありますね。

レンタル品の場合

レンタルの場合、購入品のデメリット「要らなくなったら」という点がクリアに。

返却できるのが1番のメリットですね。

また購入するにはハードルが高いと感じる方でも、レンタルなら費用を抑えら月々3,980円~

不要になったらいつでも即返却OKで、使用期間の縛りもありません。ただし月単位の契約になるため、日数でのカウントはありません。

デメリットといえば、サイズ選びとトイレスペース。

例えば6kgの犬ならSサイズでも適応しますが、体高が35㎝を超えると狭く感じるかもしれません。

また、ペットへのストレスと衛生管理上、ケージ内にトイレトレーを設置することはできません。

この2点をクリアーできれば、「防音犬小屋レンタくん」は使いやすいケージだと思います。

まとめ

「防音犬小屋レンタくん」なら、月々の使用料も安く抑えられ、使わなくなったら返却できることから、一番のおすすめです。

が、犬と一緒に小屋もなくなってしまうと、心にポカンと穴が開いてしまわなければよいのですが。

老犬の夜鳴きの原因について

老犬が夜になると鳴き続ける原因は、おもに5つあると言われています。

①認知症などによる脳や精神的な病気

②病気や関節など体の痛みによるもの

③視覚と聴覚などが衰えたことによる不安感

④お腹が空いた・トイレしたいなどの要求

⑤生活リズム・体内時計の崩れで昼夜が逆転している

などです。

さらに詳しく知りたい方は、「犬と暮らす Life with  My Dog」「防音犬小屋レンタくん・お役立ち情報」などが参考になりますので、そちらをご覧ください。

夜鳴きは老犬だけではありません

夜鳴きは老犬だけでなく、子犬から成犬でも起こる行動で、何らかのストレスを抱えているからかもしれません。

犬も人間と生活している中で、ストレスを感じているんですよ。

言葉が話せない犬は、ストレスを何らかのサインで飼い主さんに伝えてますが、それに気づいてもらえないと夜鳴きや、普段と違う行動を始めるかもしれません。

そんな時の対処法

何より大切なのは、飼い主さんとのスキンシップ。

ストレスの原因がどんなことにあっても、犬にとっては大好きな飼い主さんに構われ、愛情を感じることが一番の喜びです。

たくさん触れて、一緒にお散歩したり、思いっきり遊んでもらえると、飼い主さんの愛情をいっぱい感じて、いつの間にかストレスを忘れていくでしょう。

ペットもテアニンとGABAでリラックス

【テアニン】

植物に含まれるアミノ酸の一種テアニンには、心がリラックスする効果があることが分かっています。

テアニンを摂取すると脳にα波が現れて、ストレスの感情や心拍数を抑えてくれるからです。

【GABA】

GABAもアミノ酸の一種で、動物の脳や神経組織の中に存在する成分です。

ストレスを感じた時に、神経の興奮を抑えてくれる働きがあり、それによってリラックス効果が期待できます。

カームワンにはこの2つの成分が入ってます

ご飯にふりかけるだけのカームワンは、ストレスに効果的なテアニンとGABAが配合された、犬に与えやすいサプリメントです。

愛犬をよく知る管理栄養士さんと共同開発されて、毎日の元気に必要な成分だけを配合しています。

カームワンにはストレスを解消する成分だけでなく

  • DHA&EPA
  • プロポリスエキス
  • カキエキス

などがバランスよく含まれていて、とくにてんかんなどが心配な方におススメなサプリメント。

我家のダックスは10歳と14歳。ダックスの吠える声は意外と大きいので、ストレスによる無駄吠えや夜鳴きに備え、カームワンをはじめています!

気になる方は、「カームワン・公式サイト」をご覧ください。

老犬の夜鳴きに悩んでいたら

悩んでる画像1

まずは一人で抱え込まないことが1番です。

「防音犬小屋レンタくん」のお役立ち情報と内容が被りますが、万が一飼い主さんが疲弊して倒れたら、愛犬にとって頼れる人がいなくなってしまいます。

もし夜鳴きが酷い愛犬を自分だけ、あるいは家族と一緒に世話するのが難しいと感じたら、ペットシッターさんや老犬ホームという手段もあります。

それには費用も掛かりますが、だから一人で抱え込まず、誰かに相談してみてください。

きっと解決策はあるはずです。

愛犬にとって、飼い主さんと一緒に過ごすことが一番の幸せですが、あなたが疲弊してはいけません。百頭の犬がいれば百通りの介護方法があり、絶対はありません。

とにかく一人で悩まず、周囲の人に相談することで、愛犬と自分の幸せを守る手段がみつかることを願います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする