犬が突然、フガフガと苦しそう!逆くしゃみと呼ばれる症状の原因と対策

鼻ぺちゃ犬の画像

犬が突然なんの前触れもなく、「フガフガ・ブーブー」と豚のような鳴き声?をしたら、それは逆くしゃみと呼ばれる症状かもしれません。中には「逆しゃっくり」と勘違いしてる方もいるようですが、正式には「逆くしゃみ」です。

症状自体は発作と呼ぶほど、重篤なものではありませんが、飼い主としては心配ですね。

ここでは「逆くしゃみ」に関する症状や対処法を、映像を交えて分かりやすく解説します。

逆くしゃみの症状

犬が起こす「逆くしゃみ」とは、鼻から息を連続的に激しく吸い込む症状で、「フガフガ・ブーブー」といった鳴き声?と一緒に起こります。

YouTubeの映像で確認してみましょう。

(引用元:YouTube  音が出ます)

症状の特徴としては

  • 口を閉じて鼻から息を激しく吸い込む様子
  • 突然始まり、10秒~1分ほどの短い時間、継続する
  • 症状は自然に収まり、その後はケロッとしている

短時間とはいえ激しい症状に見えますが、本犬にとっては特に苦しいものではないようです。

また「逆くしゃみ」は、何らかの症状であるとか、病気によるものではないため、治療の必要もないとされています。

推定範囲では、約1~2割程度の犬にこの症状があり、小型犬や短頭種などに良く見られるといわれますが、動画のようにキャバリアやレトリバー、ミニチュア・ダックスフンドなどでも症状が出る子もいます。

我が家でも2頭のミニチュア・ダックスフンドがいますが、時々老犬の方にこの症状が現れますね。とはいえ、老犬だからということではなく、子犬でも逆くしゃみは起こるようです。

原因と対処法

原因は特に解明されていませんが、くしゃみのように鼻水やアレルゲン、ほこりなどによるものと考えられています。

日頃の対処法

「逆くしゃみ」は、特に病気との関連性がないことから、ほとんど研究すらされてないようです。

なので予防のための手段もありませんし、発作が起きても見守るしかありません。

ですが少しでも早く、症状を終わらせてあげたいときは、唾を飲み込むのが有効的とされているので、次のような方法があります。

  • 鼻に息を吹きかけてみる
  • 鼻を軽く手で押さえ、胸元などを撫でてあげる

またYouTubeにも、簡単に逆くしゃみを抑える方法がアップされています。

(引用元:YouTube 音が出ます)

またほかにも、ツボを刺激する方法もあるようです。

(引用元:YouTube 音が出ます)

頻繁に起きるなら動物病院へ

「逆くしゃみ」は病気によるものではないとされますが、1日にあまりにも頻繁に症状がみられるときは、念のため病院で受診するのが良いかもしれません。

場合によっては遺物や何らかの炎症が刺激となって、逆くしゃみを起こしているかもしれないからです。

この時、できれば症状の動画を撮影して、先生に見てもらいましょう。病院で症状が出るとは限りませんし、言葉で説明するのも難しいですからね。

私も今まで、老犬の苦しそうな症状を見てきて、最近になってこれが「逆くしゃみ」だと知りました。

この症状はおもに、横隔膜の痙攣がきっかけで起きるしゃっくりのようなものらしく、なので「逆しゃっくり」と勘違いする人もいるようですね。

また愛犬の症状が本当に「逆くしゃみ」なのか、飼い主さんが判断するのが難しいこともあります。

ネットで検索すると、いくつもの参考動画を見ることができますので、愛犬の症状と見比べて、「ちょっと違うかも?」と思ったら早めに病院で相談しましょう。

注意すること

愛犬に症状が現れたら、しっかり観察しましょう。

逆くしゃみの鳴き声に似てても、「ガーガー」とか「ケッケッ」といった咳をしていたら、何らかの病気が原因かもしれません。

もしかしたら、てんかんの発作かもしれませんので、よく観察するのは重要です。

「逆くしゃみ」は症状が激しく見えて、飼い主としてはとても心配になりますが、何らかの重い病気が関係する可能性は低いようです。

とはいえ、安易に判断するのもいけませんので

  • 「逆くしゃみ」について良く知っておく
  • 動画などで症状を把握する
  • 症状が出たらしっかり観察
  • 頻繁に起きるようなら病院で相談する

を心がけていきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする